ビタミン C60 バイオリサーチ株式会社

ホーム >> ニュース >> フラーレンニュース過去の履歴 >> 2012年

ニュース

フラーレンニュース 2012年

2012年11月

皆さまこんにちは。
すっかり、気温も下がり日が沈むのが早くなりましたね。
電車から見える富士山も、しっかり雪化粧をしてます!
そろそろ夏の疲れもお肌に現れ、乾燥してくるこれからの時期はしっかりとした保湿ケアが必要です。
フラーレンには、肌本来の保湿機能を保つ為に重要となる角層のバリア機能を回復することが確認されてます。
寒い冬も、フラーレンとともに、乗り切りましょう!!
それでは、今月のニュースです。

■掲載情報

@cosmeでフラーレン情報が掲載されました!!
掲載期間は、10月31日(水)0時~ 11月27日(火)23時59分。

  • フラーレンコラム
  • フラーレン配合化粧品紹介サイト

※@cosmeは、月間約3億PVを誇る言わずと知れた化粧品・美容情報サイト。
フラーレンを既に知っている人にも、まだ知らない人にもフラーレンを簡単に理解して頂けます。

■11月展示会情報

【in-cosmetics ASIA 2012】

会期: 2012年11月6日(火)-11月8日(木)
会場: BITEC, Hall 101-102, Bangkok(タイ)
ブース: D20 (Bronson & Jacobs International Co.,Ltd.ブース内)
詳細: http://www.in-cosmeticsasia.com/
■フラーレンプロモーション資料をご用意しております!

ご希望のお客様がおりましたら、弊社までご連絡下さい。

2012年9月

皆さまこんにちは。
暦の上では秋になりましたが、まだまだ残暑厳しい日が続いております。
体調等は崩してないでしょうか?
朝晩は、少しずつ涼しくなり過ごしやすくなる時期ですが、お肌は悲鳴をあげている時期です!
夏に過剰に浴び過ぎた紫外線、冷房による乾燥、、、、など、お肌はお疲れモード突入です。
さらに、これから乾燥しやすくなりお肌のケアが大切な時期です。
フラーレンは、紫外線によってボロボロになったお肌の角層を正常にし美肌に導きます。
フラーレンでいつまでも美しい肌を保って下さい。
それでは、フラーレンニュースです。

■2012年8月掲載情報

8月9,16日特大号:日本流通産業新聞
「抗酸化、抗糖化、抗炎症3つの作用で相乗的に効果発揮」

■今後の出展学会・展示会

【ダイエット&ビューティーフェアー】

会期: 2012年9月10日(月)―12日(水)
会場: 東京ビッグサイト 西1、2ホール
ブース: 西ホール 2E-2
詳細: http://www.dietandbeauty.jp/ja/

※発表
     エビデンスセミナー (*要予約)
       ・2012年9月11日 11:00~12:00
        「スキンケア成分最前線」 
        発表者:東京工科大学 応用生物学部 教授 前田 憲寿先生
      *残席わずか!
        聴講をご希望の方は、弊社までご連絡下さい。

     出展社セミナー
       ・2012年9月10日 15:45~16:15
        "フラーレンコスメ"魅力のポイント!エステ業界における
        美肌成分「フラーレン」の活用方法
       ・2012年9月11日 15:00~15:30
        やさしく解説!素肌美人のための抗酸化成分「フラーレン」 
    ◆セミナーについて、ご不明点がございましたら弊社までお問い合わせ下さい。

■フラーレンプロモーション資料をご用意しております!

ご希望のお客様がおりましたら、弊社までご連絡下さい。

2014年6月

すでに南の方から梅雨入りをしておりますが、関東も間もなく梅雨突入です。
雨や曇り空だと、ついついUV対策を怠ってしまがちですが、常に紫外線は降り注いでおります。
高い抗酸化力を持ったフラーレンは、UVケア剤やファンデーションと併用して頂いても
アフターケアのお手入れとしてもご使用頂けます。
フラーレンで皆さまの美肌のお手伝いを出来ればと思います。

それでは、今月のフラーレンニュースです。

■2012年5月掲載情報

5月21日:週刊粧業
国際化粧品開発展で「フラーレン」の最新技術を紹介

5月24日:健康産業流通新聞
ヘアケア商材で採用進む

5月29日発売:ネットワークビジネス 2012年7月号
【原料特集】フラーレン:保湿など新エビデンスが続々
【タイアップ】フラーレン美女の大逆転!物語(フラーレン紹介簡易マンガ )
※別刷りも作成中ですので、ご興味がある方は弊社担当までご連絡下さい

■今後の出展学会・展示会

【2nd Eastern Asia Dermatology Congress】

会期: 2012年6月13日(水)―15日(金)
会場: China National Convention Center, Beijing
詳細: http://www.cmacsd.org/eadc2012/
ポスター発表: Liposome fullerene as a novel antioxidant for Skin treatment
発表者:クリニックF 院長 藤本 幸弘

【第12回日本抗加齢医学会】

会期: 2012年6月22日(金)―6月24日(日)パシフィコ横浜 会議センター
会場: パシフィコ横浜 会議センター
ブース: 45
詳細: http://www.anti-aging.gr.jp/members/meeting/#top2012
ポスター発表: セッション日時 :2012年6月23日(土) 16:10~16:50
       ポスター会場   :パシフィコ横浜会議センター503
       ポスター演題名 :フラーレンによるシワ形成抑制メカニズムの解明

【第3回国際化粧品開発展】

会期: 2012年6月27日(水)-6月29日(金)
会場: 東京ビッグサイト 西1・2ホール
ブース: 8-5
詳細: http://www.cosme-i.jp/ja/

2012年5月

皆さまこんにちは。
つい先日、パリ南大学の研究成果としてラットにフラーレンを経口投与したところ、
なんと、寿命が伸びた!という論文の投稿がありました。
論文は「Biomaterials」に投稿されております。
フラーレンを飲用できるようになる日は、少し先になるかと思いますが・・・。
まずは、お肌の延命(美肌維持)に是非フラーレンを!!

それでは、今月のニュースです。

■2012年2月掲載情報

4月12日:
健康産業流通新聞 フラーレンに赤み改善効果

4月25日:
健康産業新聞 
注目の機能性化粧品原料特集
中国を中心に東南アジアも展開、有効性データの強化図る

■今後の出展学会・展示会

【第12回日本抗加齢医学会】

会期: 2012年6月22日(金)ー6月24日(日)
会場: パシフィコ横浜 会議センター
詳細: http://www.anti-aging.gr.jp/members/meeting/#top2012
*ブース出展、ポスター発表予定
ポスター演題名: フラーレンによるシワ形成抑制メカニズムの解明(10134)
ポスター会場: パシフィコ横浜会議センター503
セッション日時: 2012年6月23日(土)16:10~16:50

【第3回国際化粧品開発展】

会期: 2012年6月27日(水)-6月29日(金)
会場: 東京ビッグサイト 西1・2ホール
ブース: http://www.cosme-i.jp/ja/
*招待状をご希望の方は、各担当までご連絡下さい。
詳細: 8-5

今月のフラーレンニュースはここまでになります。
いつもフラーレンをご愛顧頂きありがとうございます。
今後も、皆様のご希望に沿えるような情報を発信していきたいと思っております。
ニュース内容の詳細、お気づきの点、ご希望等ございましたらどしどしご連絡下さい。

2012年3月

皆様こんにちは。
先日、「宇宙で個体の「バッキーボール」初検出」というニュースが流れておりました。
2010年に気体状のフラーレンが検出されていましたが、固体状では今回が初めて。
「バッキーボール」はフラーレンの別名。
ご存知の方も多いかと思いますが、フラーレンの『フラー』は、
米国の著名建築家バックミンスター・フラーから取られております。
彼が建てた球体のジオデシック・ドームの形がフラーレンと似ており、
アメリカ等では、フラーレンはバッキーボールと親しまれております。
今回発見されたフラーレン分子は、地球から6500光年の距離にある高温の小さな2組の星「へびつかい座XX」の周辺で検出されたそうです。
宇宙に微小な炭素球が拡散する領域が存在することが示唆されており、気体と異なり、
密着した状態の個体を形成するには大量の分子が必要になるそうです。
空を見上げたら、そこにフラーレンがあるかもしれません。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2860054/8523032?ctm_campaign=txt_topics
それでは、今月のニュースです。

■2012年2月掲載情報

2012年2月号:
フレグランスジャーナル フラーレンによる加齢臭改善効果

2012年2月9日:
健康産業流通新聞 肌角層のバリア機能回復に期

2012年2月15日:
Diet&Beauty フラーレン バリア機能改善、毛穴改善を確認

2012年2月27日:
週刊粧業 最新展示会レポート~Nanotech 2012報告~

■2012年2月 展示会報告

【nanotech 2012】

会期: 2012年2月15日-17日
会場: 東京ビッグサイト東4・5・6ホール&会議等
ブース: B-11(三菱商事ブース内)
詳細: http://www.nanotechexpo.jp/
報告: 世界最大のナノテク総合展示会。
国内外の研究者や化粧品業界に新規参入を狙う方など、多くの人が来訪して下さいました。
研究者には、究極のシンメトリー分子として知らない人は殆どおりませんが
まだ、実用化の状況については知られてない部分も多く
化粧品成分としての利用について、多くの質問を頂きました。
■2012年 今後の展示会情報

【第3回 国際化粧品開発展 -COSME INNOVATION-】

会期: 2012年6月27日ー29日
会場: 東京ビッグサイト
詳細: http://www.cosme-i.jp/ja/
*第1回国際化粧品展-COSME TOKYO-、第25回インターフェックスジャパン、
 第6回ファーマジャパン-医薬品原料国際展- 同時開催
***イノベーションセミナーにて発表予定***。

今月のフラーレンニュースはここまでになります。
いつもフラーレンをご愛顧頂きありがとうございます。
今後も、皆様のご希望に沿えるような情報を発信していきたいと思っております。
ニュース内容の詳細、お気づきの点、ご希望等ございましたらどしどしご連絡下さい。。

2012年2月

皆さまこんにちは。
大変寒い日が続いておりますが、体調など壊してないでしょうか?
今年は「大寒波により大雪」、「今年一番の冷え込み」という言葉をニュースなどでよく耳にする気がします。
先日東京でも雪が降り積りました。「雪」というより氷の上を歩いているような感じでしたが、、、、。

都市伝説なのか、寒いと毛穴が引き締まる!という様な事が言われておりますが、
フラーレンでも、毛穴が引き締まる効果が確認されております。

毛穴が広がって見える原因となる角層を正常に保つことにより、
毛穴を目立たなくする。
また、皮脂の酸化を抑え黒ずみなどを予防することが考えられております。
毛穴に関するデータに興味がございましたら、ご連絡下さい。

◆掲載情報◆
また、先月に引き続き、美レンジャーにてフラーレンの紹介記事が
掲載されております。
美レンジャー紹介ページ:http://www.biranger.jp/archives/30275
フラーレン化粧品紹介サイトのアクセス数も伸びております。
サイトへの商品掲載をご希望の方は、ご連絡をお願い致します。

それでは、今月のニュースです。

■2012年1月掲載情報

COSME TECH JAPAN 1月号:
化粧品原料としての抗酸化剤フラーレン(2)

1月16日:週刊粧業
IFSCC 2011 Conferndce

1月30日:週刊粧業
・研究者インタビュー 部外品・医薬品実用化に向け研究開発を主導
「我が子」と語るフラーレンの可能性を高める
・最新国際展示会レポート ~in cosmetics Asia 2011報告~

■2012年 今後の展示会情報

【nanotech 2012】

会期: 2012年2月15日-17日
会場: 東京ビッグサイト東4・5・6ホール&会議等
ブース: B-11(三菱商事ブース内)
詳細: http://www.nanotechexpo.jp/

【第3回 国際化粧品開発展 -COSME INNOVATION-】

会期: 2012年6月27日ー29日
会場: 東京ビッグサイト
詳細: http://www.cosme-i.jp/ja/
*第1回国際化粧品展-COSME TOKYO-、第25回インターフェックスジャパン、
 第6回ファーマジャパン-医薬品原料国際展-  同時開催
***イノベーションセミナーにて発表予定***

今月のフラーレンニュースはここまでになります。
いつもフラーレンをご愛顧頂きありがとうございます。
今後も、皆様のご希望に沿えるような情報を発信していきたいと思っております。
ニュース内容の詳細、お気づきの点、ご希望等ございましたらどしどしご連絡下さい。
寒い日が続いておりますので、皆様どうぞお体ご自愛下さいませ

2012年1月

新年明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
皆様のご協力もあり、フラーレン配合商品も少しずつ増えてきております。
多くの方にフラーレンの理解を高めていくために、昨年末より、
美レンジャーという情報サイトにフラーレンの紹介をして頂いております。
(美レンジャー:http://www.biranger.jp/archives/28552

また、以前よりご紹介させて頂いておりますが、フラーレン化粧品百貨と題して
フラーレンを配合した化粧品を集めたホームページを開設しております。
掲載をご希望の方は、ご連絡下さい。

本年もより多くの女性にフラーレンを知って頂けるよう日々努力してまいりますので
引き続き弊社、フラーレン共々よろしくお願い申し上げます。
それでは今月のニュースです。

■2011年12月掲載情報

COSME TECH JAPAN 12月号:
化粧品原料としての抗酸化剤フラーレン(1)

■12月の学会、展示会報告

【IFSCC Conference 2011】

会期: 2011年12月12日―12月14日
会場: Dusit Thani Hotel(タイ)
詳細: http://www.ifscc2011.com/
*ポスター2演題
報告: タイの洪水の影響により、2か月近く会期が延長され、一時は学会の開催自体が危ぶまれていたが、学会当日には世界各国から、大変多くの香粧品関連の研究者が集まっていた。
3日間に渡り、世界16カ国の研究者が様々な角度から香粧品に関する発表が行われ、どのテーマに対しても熱い議論がなされていた。香粧品分野では世界で最も権威のある学会ということで、発表内容はどれも最新の研究ばかりで大変興味深く、参加者は皆聞きもらすまいとセッションごとに会場を駆け回り、発表に聞き入っていた。 弊社では、今夏より化粧品機能として広告表示が可能となり、化粧品業界内では更に注目の高まっている「抗シワ」に関する研究と、弊社で今一番力を入れて研究を行っている「角層」に関する研究の2題のポスタープレゼンテーションを行いました。

「抗シワ効果」の発表では2006年香粧品学会抗シワ評価ガイドラインに従い、二重盲検法にて抗シワ効果を評価した結果を報告した。本臨床試験では、フラーレン配合化粧品を塗付した群において、有意にシワ面積率が低下することが明らかとなり、臨床的にもシワ改善効果がフラーレンにあることが実証されている。シワ面積率の有意なグラフ及び改善効果を示す写真は特に参加者の注目を集め、フラーレンの機能性が改めて世界の研究者に認識されたことを実感できた。
 角層に関する演題では角層の重要な働きであるバリア機能に関連するCE(コーニファイドエンベロープ)に着目し、フラーレンがバリア機能改善効果を示すことを、in vitro及び臨床試験にて実証した結果を報告した。近年注目が集まっている研究テーマである「角層」に関する発表は今回の学会でも私達以外の研究グループでもなされており、今一番熱い研究分野であることは間違いない。そのため、我々のポスターの前で足を止め、真剣にメモを取っている研究者の姿が多く見受けられた。
 今回の発表では更にフラーレンの機能性について理解が広がったのではないかと思う。
 今後も益々新たなフラーレンの機能性を探求すべく、研究に取り組んでいきたい。
 また、今回発表をご覧くださった皆様にこの場を借りて御礼申し上げたい。

【in-cosmetics ASIA】

会期: 2011年12月14日―16日
会場: BITEC, Hall 101-102(タイ:バンコク)
詳細: http://www.in-cosmeticsasia.com/
発表: What do they do on the Skin Barrier
報告: in-cosmetics ASIAは、アジア最大の化粧品展示会。今年も地元タイを始めとして、マレーシア、インドネシア、韓国、中国等近隣の国々からも多くの化粧品関連の来場者が集まり、今年も賑わっていた。
弊社は今年もセミナーを開催し、本年は同時期に開催された学会でも発表したアジア圏でも注目の高い「しわ」「角層」に特に焦点をあて、肌のバリア機能にフラーレンがどのようにアプローチし、美肌効果をもたらすのか?ということについて、最新の研究成果を交え発表を行った。セミナーにはタイだけでなく、様々な国々から多くの方が聴講してくださり、熱心に耳を傾け、メモを取る様子が見られた。
アジア各国では日本同様に美白に関する興味が大変高い。しかし、今回のセミナーではシワ、バリア機能等、興味の幅も広がりつつあることを感じた。
近年、アジア市場で拡がりを見せている弊社フラーレン原料ではあるが、多機能原料であるフラーレンは今後益々アジア各国へ拡がっていく予感がする。
 最後に、セミナーを聴講頂きました皆様、ご来場頂きまして誠にありがとうございました。
■2012年度展示会情報

【nanotech 2012】

会期: 2012年2月15日-17日
会場: 東京ビッグサイト東4・5・6ホール&会議等
詳細: http://www.nanotechexpo.jp/

今月のフラーレンニュースはここまでになります。
いつもフラーレンをご愛顧頂きありがとうございます。
今後も、皆様のご希望に沿えるような情報を発信していきたいと思っております。
ニュース内容の詳細、お気づきの点、ご希望等ございましたらどしどしご連絡下さい。

寒い日が続いておりますので、皆様どうぞお体ご自愛下さいませ