ビタミン C60 バイオリサーチ株式会社

ホーム >> フラーレンの美容効果 >> ヘアケア・スカルプケア

ヘアケア・スカルプケア

はじめに

髪の悩みは男女共通であり、最近では医学的な研究も進みそのメカニズムも明らかになってきています。代表的な脱毛症は男性型脱毛症でこれは男性ホルモンが関与し、毛周期の成長期の期間が短くなることで、発症しますが、近年は治療薬も出ており治療によって改善が見込まれます。このほかにも免疫が絡んでいるといわれる円形性脱毛症や、脂漏性皮膚炎といった炎症による脱毛も知られています。また、最近では女性も薄毛に悩む方が増えてきており女性用の養毛料も注目されています。

頭髪だけでなく、まつ毛を綺麗に長く伸ばしたいといったニーズも高まってきており、まつ毛美容液といった製品開発も進んでいます。
円形性脱毛症と酸化ストレスの関係が報告されてはいますが、酸化ストレスと毛の成長との関連は明らかとなっておらず、フラーレンのような抗酸化剤が毛の成長に対してどのような効果を及ぼすのか調べました。

フラーレンの効果確認試験

試験方法

男性16名に協力していただき、RadicalSpongeを2%含むトニックと含まないトニックを、それぞれ頭の指定部位に朝晩2回塗布してもらいました。塗布開始前、開始後3か月、6か月目に、指定部位の毛成長速度、毛直径、毛密度、成長期毛率を写真撮影によって測定しました。

結果

毛直径、毛密度、成長期毛率については、RadicalSponge配合トニックを6か月間塗布しても変化は見られませんでしたが、毛成長速度は6か月後には有意に16%早くなることが明らかとなりました。この結果からフラーレンは、毛の成長速度を速めることが確認されました。これは毛包周辺の細胞を活性酸素から守ることによって引き起こされたのではないかと考えられております。

参考文献:Fragrance journal 41(11), 28-31, 2013-11  より引用

追記

まつ毛を長くするためには、まつ毛の成長期の期間に成長速度を速めることが必要と言われています。フラーレンの毛成長促進効果を活用したまつ毛美容液もすでに製品化されております。